UTAU-BLOG 3

by YOSHIKI HORITA from iMAGINATIONS

2021. 7月スケジュール

7月は久しぶりに遠征が続きます。そのぶん、コロナ騒動以降に継続してきたオンラインの数が少し減りますが、大好きな場所に行けること、みなさんと集まれること、想像すると胸が踊ります。

この一年あまり、画面を通して初対面という人も多くなりました。オンラインによる恩恵も重々感じつつ、やはり、同じ空間でのみ分かち合えるものが確かにあります。屋久島、熊野、高野山、祈りの森が夏の色に変わる特別な時期を、みなさんと存分に味わいたいと思っています。

-

2021年7月 スケジュール

7月1日(木)
オンライン
Smooth Flow for Vocal Practice 

7月4日(日)
オンライン
Smooth Flow for Vocal Practice

7月6日(火)
オンライン
Weekly Online 声と呼吸のレッスン

7月8日(木)~11日(日)
屋久島 
リトリート:森川海とのめぐりとつながりをうみだす4Days

7月10日(土)
屋久島 + オンライン
新月のKIRTAN

7月15日(木)
オンライン
Smooth Flow for Vocal Practice

7月17日(土)
オンライン
淡路サンアシュラム 周年記念イベント

7月18日(日)
オンライン
Smooth Flow for Vocal Practice

7月20日(火)
オンライン
Weekly Online 声と呼吸のレッスン

7月22日(木・祝日)~24日(土)
和歌山県 熊野 
堀田義樹と行く夏の熊野・祈りの歌キールタンリトリート

7月25日(日)
和歌山県 熊野出会いの里
キールタンコンサート with 熊野キールタン部

7月27日(火)
和歌山県 熊野 
ワークショップ:声と呼吸のレッスン

7月30日(金)~8月1日(日)
和歌山県 高野山 
言祝ぐ高野山リトリート2021 ~祈りの源泉~

8月5日(木)
オンライン
Smooth Flow for Vocal Practice

8月7日(土)
オンライン
Pray For INDIAチャリティーイベント

f:id:yoshiki_imaginations:20210713083536j:plain

昨年の屋久島、moss ocean houseの庭でキールタン。満天の星には天の川。

7月30〜8月3日 言祝ぐ高野山リトリート2021

弘法大師空海が開いた大聖地、高野山で行われるリトリートのお誘いです。僕自身が毎度楽しみにしているこの旅、今年は延泊プランとして、空海が歩いた祈りの道を巡礼&奇跡の水「月のしずく」で知られる天然温泉ゆの里宿泊も加わります。

f:id:yoshiki_imaginations:20210626195015j:plain

主催のBiotope Yoga Studioさんは、年に数回の高野山リトリートを、10年近くに渡って開催。会場となる恵光院さんはじめ、この地を護る方々との信頼関係を、これまでいくつもの場面で目にしています。安心して学びに没頭できる環境は、代表のTakako先生が真っすぐ丁寧に育ててきたもの。恵光院さんに何度も訪れたことのある友人が、昨年の僕たちの写真を見て「阿字観道場をあんな風に使わせていただけるなんて!」と驚いていました。毎年来てくれる人にも楽しんでもらえるよう、今回もTakako先生が場を整えてくれています。もちろん、初めての人も大歓迎です!

どの日も盛り沢山ですが、マントラアーサナ(ポーズ)をミックスした<ヨーガとチャンティング ー世界との調和ー 五大元素・月・太陽・アハンカーラ>は、マストで体験してほしいプログラムのひとつです。音、声、体、心、空間を、祈りとともにつなぐ神聖な時間。伝統的ヴェーダーンタを学ぶTakako先生とだからこそ可能になった、僕にとっても特別なコラボレーションです。回を重ねつつ、いつも終わった後は、決まって呼吸が深くなっていることを感じます。ありがたいことにみなさんからも好評で、今後も一緒に探究を続けていきたいと思っています。

ここから下はリトリートのご案内です。一部プログラムのみの参加も可能なので、ぜひ最後まで目を通してみて下さいね。Biotopeさんのページからは、より詳しいインフォメーションと、高野山への敬意と想いが込められた美しい文章(義樹感動)をご覧いただけます。世の喧騒は続いていますが、祈りの聖地で、希望を分かち合える時間を過ごせれば幸いです。

* 6月末日まで早期申し込み割引あり

-

『言祝ぐ高野山リトリート2021 祈りの源泉』
with 堀田義樹、TAKAKO

・日程
プラン① 2021/7/30(金)~8/1(日)(2泊3日)
プラン② 2021/7/31(土)~8/2(月)(2泊3日)
プラン③ 2021/7/30(金)~8/2(月)(3泊4日)
プラン④ 2021/7/30(金)~8/3(火)(4泊5日)

・場所
高野山 
* このリトリートは現地集合・解散となります。

・宿泊先
7/30~8/2
宿坊 準別格本山 恵光院
和歌山県伊都郡高野町高野山497
Tel. 0736-56-2514
http://www.ekoin.jp/introduction/

8/2~3
ゆの里 お水の宿 このの
和歌山県橋本市神野々898
Tel. 0736-33-1126
https://www.spa-yunosato.com/ 

・講師
KIRTAN・瞑想 堀田 義樹(Yoshiki Horita)
YOGA 田中 貴香子(Takako Tanaka)

・定員
プラン①②③④ 合計20名 
ただしプラン④は 12名まで
最少催行人員 10名

・参加費(税込)※早割は6/30までのお申込み
プラン① 7/30~8/1(2泊3日) 早割 57,000円 通常 59,500円
プラン② 7/31~8/2(2泊3日) 早割 72,500円 通常 75,000円
プラン③ 7/30~8/2(3泊4日) 早割 87,000円 通常 89,500円
プラン④ 7/30~8/3(4泊5日) 早割 100,500円 通常 103,000円
<事前入金制>お振込またはネット決済(クレジットカード払い)(いずれも手数料はご負担ください。)

・スケジュール
(天候や状況等により変更となる場合がございます。ワークの内容も変更となることがございます。予めご了承ください。)

◇2021/07/30(金)
14:30 —プラン①③④の方は集合 オリエンテーション
15:00 ◇ワーク① <ほぐすヨーガ>
16:30 ◆体験① 阿字観瞑想(自由参加)
17:30 夕食(精進料理)
19:00 ◆体験② 奥の院ナイトツアー (自由参加 雨天中止)

◇2021/07/31(土)
5:30 ◇ワーク② <朝の瞑想>
6:30 ◆体験③ 恵光院 朝の勤行&護摩祈祷
7:30 朝食(精進料理)
   —-プラン②の方はここから合流—-
10:00 ◇ワーク③ <ヨーガとチャンティングー世界との調和ー空・風・火>  90分
12:00 昼食(精進寿司)
13:30 ◇ワーク④ <ヨーガとチャンティングー世界との調和ー水・土> 60分
14:45 ◇ワーク⑤ <ヨーガとチャンティングー世界との調和ー月・太陽・アハンカーラ> 90分
16:30 ◆体験① 阿字観瞑想(自由参加)
17:30 夕食(精進料理)
19:00 ◇ワーク⑥ < 親しむ KIRTAN >

◇2021/08/01(日)
5:00 ◆体験④ 奥の院(朝餉)参拝 
8:00 朝食(精進料理)
9:30 ◇ワーク⑦ <サットサンガ 結縁>
11:00 —-プラン①の方はここで解散—-
    高野山散策(観光など自由行動・昼食各自)   
16:30 ◆体験① 阿字観瞑想 (自由参加)
17:30 夕食(精進料理)
19:00 ◇ワーク⑧ < 感じる KIRTAN >

◇2021/08/02(月)
5:45 ◆体験⑤ 世界遺産・町石道ハイキング
 途中、朝ごはんを食べたり
  3つの世界遺産を含む寺社仏閣や空海にまつわる史跡などを巡ります。
12:15 ◆体験⑤ ゆの里 温泉 
13:00 昼食
   —-プラン②③の方はここで解散—-
  再入浴も可能ですので、お時間のある方は存分に温泉を堪能してからお帰りください。
18:00 ◇ワーク⑨ Dinner懇親会

◇2021/08/03(火)
8:00 朝食
10:00 チェックアウト
 —-プラン④の方はここで解散—-
 13時まではご自由に温泉に入れます。

内容
◇ワーク① ほぐすヨーガ
高野山までの道中の疲れをリフレッシュするような身体と心をほぐすヨーガ。そして言祝ぐマントラをひとつみんなで練習しましょう。リトリートを通してのすべてのワークでのヨーガは、難しいアーサナはなく初心者の方でも楽しんでいただける内容ですので安心してご参加ください。

◇ワーク② 朝の瞑想
二日目の朝は、静かに呼吸を観じる瞑想から始めます。祈りの森、高野山が目覚める瑞々しい気配。その懐に身を委ねて、ゆったりと座りましょう。吐く息、吸う息に気づくことは、いのちの営みに気づくこと。呼吸を扉に、「今」そして「自分」とのつながりを深める時間です。

◇ワーク③④⑤ヨーガとチャンティングー世界との調和ー~五大元素・月・太陽・アハンカーラ~
堀田義樹先生の奏でる音の中で身体を動かすヨーガをTakakoがリードし、そしてマントラをチャンティングしながら世界を構成する要素と繋がります。
アーサナのヨーガと、知識のヨーガ、そして声のヨーガが融合するクラス。
テーマは<世界との調和>
この世界は8つの神の姿を装って現れている。とヨーガと密教の故郷インドの聖典は言います。
その8つの神々と、行為(カラダ)と言葉(声)と思考(ココロ)を使って、パージ(浄化)とマージ(融合)してゆきます。
この世界のいつどこにでも現れている大いなる力への想いや感謝を汲み上げ、祈りを捧げるように、身体と声と考えを使って、この世界と調和する心地よさや喜びを一緒に味わっていきましょう。世界という祭壇へ捧げるヨーガです。

“ jagata īśadhīyuktasevanam । aṣṭamūrtibhṛddevapūjanam ॥“

それはイーシュワラですという考えを持ちながら世界へ行為を捧げることは、8つの姿を装う神(5大元素(空間、風、火、水、土)・太陽・月・アハンカーラ)に祈ることです。
ラマナマハリシ『ウパデーシャサーラ』 より

◇ワーク⑥⑧ KIRTAN(親しむ&感じる)
KIRTANは、インドの神様の名前やお祈りの言葉をコール&レスポンスで唄う<バクティ>の行為のひとつとして大切に受け継がれてきたもので、『うたうヨーガ』とも呼ばれています。

堀田先生の解説 → 

バクティ>とは「献身」。この世界の全ては、何かに支えられていて、自分の身体や心もその中の一つ。その何かに支えられている、という認識の上に感謝が生まれ、その大いなる力を想って行為を捧げること。祈りの一つの形です。
親しむversionと感じるversionの2テーマでKIRTANを行います。

◇ワーク⑦ サットサンガ
サットサンガとは、サット(真実、存在、正しい、善い)+サンガ(繋がり、集まり、仲間)。
参加者のみんなで集まり、一緒に話をしたり、聞いたり、さまざまなことを言葉にして、つながるご縁を言祝いで過ごしましょう。

◇ワーク⑨ Dinner懇親会
祈り、カラダ、こころ、声、呼吸、自然、過去から繋がる歴史、今と繋がる意識、、、
ここまで参加の方は、少し長めのリトリートで受け取ったものを日々の中に活かしていけるように、美味しいご飯を囲んでみんなで語らいながら体験を整理して、自分の中に落ち着かせる時間にしていきましょう。

◆体験① 阿字観瞑想
弘法大師空海が伝えた、心中に阿字を念ずる密教の瞑想法。阿字観の修法方法を恵光院さんのご指導で体験します。

◆体験② 奥の院ナイトツアー(自由参加 雨天中止)
お大師様の話、真言密教の話、墓碑の説明、高野山の不思議な伝説など、ガイドの方のお話を聞きながら奥の院にお参りします。
*こちらは、別途参加費をガイドの方にご準備ください。雨天時は中止となりますので予めリトリート代金の中には含んでおりません。

◆体験③ 恵光院 朝の勤行&護摩祈祷
毎朝、恵光院さんで行われている本堂での勤行、毘沙門堂での護摩祈祷に参加させていただきます。高野山内でも毎日護摩を加持されているお寺はそうありません。力強い太鼓のリズムと読経の声が響き渡る仄暗い御堂の中で、燃え上がる炎に照らされた祈りの光景は、印象に残る貴重な体験となるでしょう。

◆体験④ 奥の院(朝餉)勤行
高野山奥の院で1200年間続く毎日二回行われる生身供(しょうしんぐ)の儀式。
今も生きて、人々のために祈り続けているといわれる弘法大師空海への朝食(あさげ)が運ばれ、捧げられるお勤めに参加します。

◆体験⑤ 世界遺産・町石道ハイキング
空海も歩いた祈りも道<町石道>、1200年以上の間、高野山への祈りの道として繋がってきた道は、世界遺産に登録されています。途中、高野山の土地の神様を祀る「丹生都比売神社」や空海の母君が暮らしていた「慈尊院」(どちらも世界遺産)にも参拝したり、空海にまつわる史跡や眺望を楽しみながら、巡礼の道を下ります。歩きやすく整備された山道ですが、装備は雨が降った際のレインコートや長時間山道を歩ける靴などをご準備ください。

◆体験⑥ 天然温泉ゆの里
日本全国からそのお水の力を聞きつけて訪れる知る人ぞ知る高野山麓の温泉。「金水」「銀水」「銅水」と呼ばれる3つの役割の異なったお水が湧き出ていて、それらがブレンドされた10種の温泉に入れます。歩いた体を癒しながら、のんびりとくつろいで過ごしましょう。

・Biotope Yoga Studio 詳細ページ
http://biotope-yoga.com/iventws/kotohogukoyasan2021.html

・お申し込みフォーム
https://forms.gle/ZnQCVizZgpvZ8Dis6 

f:id:yoshiki_imaginations:20210626195610j:plain

f:id:yoshiki_imaginations:20210626195820j:plain

昨年の様子。緊急事態宣言発令後、県境をまたぐ移動自粛要請解除の日が、リトリート初日でした。開催が危ぶまれていたぶん感動もひとしお。いや、ふたしお、さんしお(?)と言っていい。僕にとっては、ロックダウンのインドから帰国、以降のスケジュールが白紙、それから最初の遠征となったのです。みなさんとも本当に久しぶりの再会で、あの時の気持ちは忘れるほうが難しい。決して大袈裟ではなく、夢のような瞬間として記憶に残っています。

2021. 6月スケジュール

歌人穂村弘さんのエッセイがおもしろくて、いつからか短歌に興味が沸くようになった。五句体〈五・七・五・七・七〉の心地良いリズムと、限られた字数ゆえに染み出す詠み人の色。僕がグッとくる歌は、切り取られた一瞬が、決してそこだけに留まらせない。言葉と自分との間に、連続した流れ、移ろいという、動的な生命の息吹を見せてくれる。

『人はいさ 心も知らず ふるさとは 花ぞ昔の 香(か)ににほひける』
紀貫之古今和歌集より)

人の心は変わってしまうものかわかりませんが、 昔なじみのこの里では、梅の花がかつてと変わらぬ香りをただよわせていますね。

春、久しぶりの里に立ち寄った紀貫之が、宿の主人との会話から詠んだ歌だそう。しばらくじゃありませんか。宿も私も変わっちゃいませんが、あなた様は心変わりされてしまったのでは? そう問いかける主人の声。胸に去来したのは、これまで歩いてきた道だったのかもしれない。変わりゆくもの、決して変わらないもの。その対比が「今」を鮮烈に浮かび上がらせる。きっと誰の心にも「梅の花」のような記憶が棲んでいる。人生の旅の途中、それはひとつのしるしとなって、時にやさしく、時に重たく、時に美しく、時にせつない。そして旅は続く。1000年以上前の一首から発動するイマジネーション。目には見えない、形でもない風景が時空を超えて、花の香りのように匂い立つ。

コロナ騒動以降、まず必要なのは想像力ではないかと常々感じている。マスクだ、ワクチンだ、たかがそんなことで人の気持ちが分断されていくのはあまりにも悲しい。マルかバツか以外にも選択の幅はいくらでも存在する。異なる意見の人にも、愛する家族があり、情熱を注ぐ仕事があり、日々の暮らしがあり、大切な夢があるのだろう。誰のからだの中にも自分とよく似たものが流れている。そうして世界を見つめられたら、表面に現れている違いを認め合い、寄り添うこともできるかもしれない。何より、自分にとっての幸せとはどういう状態か。想像は行動を呼び創造になる。様々な活動が制限されている今こそ、それをじっくりと感じてみる好機とはいえないだろうか。

想像「力」というくらいで、使えば育ち、使わなければしぼんでしまう。短歌はそれを喚起する言葉と空間の芸術だと思う。月刊誌ダ・ヴィンチの連載『短歌ください』は、一般から寄せられた作品を穂村弘さんが選出。古典形式にとらわれない自由な歌の数々が、誰の心にも独自に輝く色彩があることを教えてくれる。それをまとめた書籍の中から、僕の胸の周波数を揺らした作品をいくつか紹介したい。あなたならこの奥にどんな人のどんな物語を見るだろうか。

神さまになった気がした青に黄をまぜてみどりを創ったあの日

真夜中に俺が生まれた音がした燃えてる君の言葉の中に

酸性雨ばかり降らせた人たちが飲むアルプスの天然水よ

コンビニで聞こえた遅刻の言い訳が「尾崎にバイクを盗まれました」

f:id:yoshiki_imaginations:20210701102739j:plain


堀田義樹 6月スケジュール:

タイトルをクリックすると詳細ページへジャンプします。

6月1日(火)オンライン
Weekly Online キールタン

6月3日(木)オンライン
Smooth Flow Vocal Practice

6月6日(日)オンライン
Smooth Flow Vocal Practice

6月8日(火)オンライン
Weekly Online 声と呼吸のレッスン

6月10日(木)東京 国分寺 Cafe Slow + オンライン
新月のKIRTAN

6月13日(日)オンライン
声のレッスン インテンシブコース フォローアップ講座
*講座修了者のみ

6月13日(日)オンライン
Smooth Flow Vocal Practice

6月15日(火)オンライン
Weekly Online キールタン

6月17日(木)オンライン
Smooth Flow Vocal Practice

6月20日(日)オンライン
Smooth Flow Vocal Practice

6月22日(火)
Weekly Online 声と呼吸のレッスン

6月24日(木)オンライン
Smooth Flow Vocal Practice

6月29日(火)オンライン
Weekly Online キールタン

最新情報はMorning Lights Voice Therapyをご覧下さい。


-


穂村弘さんの本はどれもおすすめ。

f:id:yoshiki_imaginations:20210701101723j:plain
短歌ください / 穂村弘


f:id:yoshiki_imaginations:20210701101744j:plain
はじめての短歌 / 穂村弘


f:id:yoshiki_imaginations:20210701101811j:plain
シンジケート(新装版) / 穂村弘

2021. 5月スケジュール

なにごとの おはしますをば しらねども かたじけなさに なみだこぼるる

平安時代から鎌倉時代に活躍した、僧侶、歌人西行。お伊勢参りの道中、あまりの神々しさに触れて詠んだといわれるこの歌は、令和をてくてく歩く僕の心にも染みてくる。

どなた様がいらっしゃるかは存じませんが、畏れ多く、有り難く、思わず涙がこぼれてくるのです。

これは、日本人が心の深くで共有してきた宗教観なのだろう。

あらゆるもの、つまり八百万に神を観てきた我らがご先祖。数百年、千年、目に映る景色はずいぶん変わったはずだけれど、目に見えないものはどうか。

僕らのいのちを生かしている、人智を超えたなにか。

その巨いなるものを“サムシング・グレート”と呼んだ、遺伝子研究の世界的権威、村上和雄さんが先日ご逝去されたことを知った。映画「SWITCH」「祈り」や、著作の数々では、すべてがつながりの中で存在していることを、いつでもやさしい眼差しで語られていた。科学と神秘の間に境界線を引かない言葉には、しなやかな美しさがあった。人は、自分の中にないものとは共鳴しない。西行の歌と、村上先生のメッセージは、僕の中でよく似たところに響いている。直感的に、これはずっと受け継がれてきた感覚なのだろうと思う。目の前の変化に揺らぐこともしばしばだけれど、決して忘れてはならない「なにごと」かとのつながりに、あらためて手を合わせる5月。村上先生の残された功績に感謝しつつ、ご冥福をお祈りします。

-

堀田義樹 5月スケジュール:

5月1日(土)オンライン
堀田義樹 × 今村祐樹(屋久島moss ocean house)
トークセッション

5月2日(日)鎌倉 麻心(マゴコロ) 
キールタン
オーストラリアShivamファミリー 自宅消失支援チャリティー

5月4日(火)オンライン
Weekly Online キールタン

5月6日(木)オンライン
Smooth Flow for Vocal Practice

5月9日(日)オンライン
Smooth Flow for Vocal Practice

5月11日(火)オンライン
Weekly Online 声と呼吸のレッスン

5月12日(水)国分寺cafe slow + オンライン
新月のKIRTAN

5月13日(木)オンライン
Smooth Flow for Vocal Practice

5月16日(日)オンライン
Smooth Flow for Vocal Practice

5月18日(火)オンライン
Weekly Online キールタン

5月23日(日)オンライン
Smooth Flow for Vocal Practice

5月25日(火)オンライン
Weekly Online 声と呼吸のレッスン

5月27日(木)オンライン
Smooth Flow for Vocal Practice

-

おすすめ書籍。

f:id:yoshiki_imaginations:20210501234410j:plain
サムシング・グレート 大自然の見えざる力/村上和雄 


f:id:yoshiki_imaginations:20210501234458j:plain
こころを学ぶ  仏教者と科学者の対話
/ダライ・ラマ法王、村上和雄、志村史夫、佐治 晴夫、他

一緒に学ぼうYoga呼吸法。Toshiさんの<呼吸法ティーチャー養成講座 2021>

Toshiさん(児玉俊彦:UnionYoga japan, 淡路島Sam Ashram 主宰)の呼吸法ティーチャー養成講座に、アンバサダーとして参加させていただくことになりました。

全12回、計48時間。Yogaの伝統的呼吸法に基づいて、智慧と知識と技術の実践から、伝えられるレヴェルまでの習得を目指す講座です。淡路とオンラインは5月、京都、東京は6月スタート。僕は東京会場、大澤山龍雲寺でみなさんとご一緒します。

f:id:yoshiki_imaginations:20210430065730p:plain

僕が発声法を学び始めたのは10代の頃でした。26歳でヴォーカリストとしてデビューするのですが、30歳を過ぎるまで、声のプラクティスはどこか「挑む」ようなマインドで行なっていたと思います。さらに、セールスや、周囲からどう見られるかなどのプレッシャーにも押しつぶされそうになり、大好きだった歌と音楽を純粋に楽しめなくなった時期。それを乗り越えるきっかけは、過去でも未来でもなく、今ここにある呼吸へ意識を向けることの中にありました。Yoga、瞑想と出合い、呼吸法を取り入れてから、だんだんと人生の視界が開けていったのです。

呼吸と声を支配しようとするのではなく、呼吸と声の本来的な力を信頼することで、生き方そのものに起こった大きな変化。その体験が、今の僕を支えているといっても言い過ぎではありません。

私たちの呼吸は体とこころをつないでいます。よくこころで考えていることと、体で行なっていることが、ちぐはぐになっていることがあるでしょう。こころと体がばらばらなのです。「吸う」「吐く」と呼吸に意識を集中すれば、こころと体がひとつに合わさって一体となります。意識的な呼吸はこころと体をつなぐ架け橋です。

ティク・ナット・ハン著/微笑みを生きる<気づきの瞑想と実践>より引用 


消化、循環、体温調節、内分泌、生殖など、不随意生命維持活動を担う自律神経系の中で唯一、意思から制御できるのが呼吸です。例えば、思いがけない困難を前に心拍数が急上昇した時。深くゆったりとした呼吸が落ち着きを取り戻すのに有効だと、多くの人が経験則としてよく知っていると思います。

息の漢字を見れば、「心」を脚にして「自」が。音(おん)を読めば「いき」は「生き」とも同じ。息を引き取れば、肉体はこの世での役目を終えます。呼吸は自分自身であり、命の象徴ともいえるでしょう。

ところで、一時期「自分探し」という言葉が流行しました。ここではないどこかに行けば、本当の自分と出会えるのではないか…。けれど、自分探しに出かけた人が、「見つけたよー」と帰ってきた話はあまり聞きません。呼吸から気づかされるのは、勇者のアイテムを手に入れることではなく、今の自分とは違う何者かになることでもなく、生まれた時からここにあるギフトと出合い直すことではないかと思うのです。幸せはずっと手の届くところにあったと教えてくれる、メーテルリンクの「青い鳥」のように。

f:id:yoshiki_imaginations:20210430174428j:plain

声、という文脈から呼吸法を実践してきた僕にとって、Yogaの伝統的技法に興味は尽きません。

Toshiさんとは何度か大切な時間を過ごさせてもらっていますが、最初に写真で見た印象と、これだけ違いのない人もなかなかいない。心身オープン、同性から見ても美しく、気持ちのいい人です。素晴らしい活動と、素敵な仲良し家族。人の輝きは生き方から放たれるものであり、誰から学ぶかはとても重要だと思います。「小学校とか学校で学べるような将来になればいいなぁって思ってる」というToshiさんが、多くの人と分かち合いたいと願う呼吸法を、僕も子供のような気持ちで学ばせてもらうつもりです。

ヨガティーチャー、呼吸法指導者を目指す人も、自身の呼吸を深めたい人も、興味があればぜひ詳細に目を通してみて下さいね。

- - -

呼吸法Teacher養成講座2021
東京・京都・淡路・オンライン

講師:
児玉俊彦

スケジュール:
東京 
2021年6月〜2022年5月
https://unionyogajapan.com/tokyo-pranayama-detail2021 

京都
2021年6月〜2022年5月
https://unionyogajapan.com/kyoto-pranayama-detail2021 

淡路島
2021年5月〜2022年5月
https://unionyogajapan.com/awaji-pranayama-detail2021 

オンライン
2021年5月〜2022年5月
https://unionyogajapan.com/online-pranayama-tt 

総合インフォーメーションはこちら

f:id:yoshiki_imaginations:20210430174512p:plain


2021 呼吸法講座の履修内容 全 12 回(仮予定)
「実習内容」
腹式呼吸
・完全呼吸法
丹田呼吸法
・カパーラバーティ
・ウジャーイプラーナーヤーマ
クンバカ
・アヌローマビローマ(ナーディショーダナー)
・シータリー
・シートカーリー
・スーリヤベーダナ
・ブランマリープラーナーヤーマ
・ナーダーヌサンダーナ
マントラプラーナーヤーマ / Omkar
・バストリカプラーナーヤーマ
・ナーダパッシャンティ

「バンダ・ムドラ」
・ジャーランダラバンダ
・ムーラバンダ
・ウッディヤーナバンダ
・トリバンダ
・アグニサーラダウティ
・ムーラクリヤー
・ナーシカームドラー

「瞑想」
・ナーダパッシャンティ
・ナーダーヌサンダーナ
・数息観(すそくかん)、禅に伝わる呼吸を数える瞑想
・アナパナサティ・・・ありのままの呼吸を見つめる瞑想

「座学講義内容」
・「息」とは
・呼吸法で伝えたいこと
・プラーナーヤーマとは?
・肺と心臓の働き
・腹式と胸式?
・空気の成分 ・氣とは?
・なぜ今、呼吸法?
・ヨーガでは呼吸法をどう扱う?
・ヨーガスートラを見てみよう
・自然呼吸法・丹田呼吸
・ハタヨーガの経典をのぞいてみよう
・鼻呼吸について呼吸法の禁忌
・呼吸法の効果
・呼吸法のまとめ

総合インフォーメーションはこちら

f:id:yoshiki_imaginations:20210430070449j:plain

2019年、淡路島サンアシュラムにて。

5月1日 今村祐樹さん(屋久島)とトークセッション

人と自然をつなぐ…。いや、そもそも「人」と「自然」を分けて考えるべきじゃないのでは。

今ちゃんとの会話の中で、もっとも強く印象に残っている言葉のひとつです。

-

屋久島の大自然に魅了され、大阪から移住した今ちゃんこと今村祐樹さん。18年前に「Moss」の名前でガイドを始め、その後、もっと深く島の暮らしを体験してほしいとの想いからゲストハウス「Moss Ocean House」をオープン。現在は、土地改良の研究と実践、まわりの自然をより健やかに息づかせる建築、森・川・海のめぐりを再生させる里づくりなど、文字通り「共生」を体現する活動に心と体を注いでいます。

僕が屋久島でリトリートをやらせていただくようになって、早いもので七年目になりました。昨年は四日間のプログラム中、今ちゃんにも一日がっちり入ってもらって(前年までは子育てのためなかなか時間が取れなかった)、森のワークをみんなで体験。旅行に来た「お客さん」として島からエネルギーをいただくだけでなく、自分からも島に与えられるものがあるのだ、という実感は、それぞれの中にとても大切なものを残してくれたと思います。

その時のレポート。

 
これまで、お互いの役割を活かしたコラボレーションに向けて、丁寧にミーティングを重ねてきました。いよいよこの夏、Moss Ocean Houseと堀田義樹、四日間のリトリートが決定。僕自身、とってもワクワクしています。zoomトークでは、屋久島の魅力と現在の様子、Moss Ocean Houseの取り組み、今後の展望などを聞きつつ、リトリートに向けてお互いの想いもゆっくり語り合いたいと考えています。

コロナ禍の中、都市部を離れるという選択をする人も増えているようです。そのような人たちにも、今ちゃんの経験からの声はきっと響くのではないかと思っています。

ぜひ、お気軽にご参加下さい。

-

堀田義樹 × 今村祐樹(Moss Ocean House)トークセッション

日時:
5月1日(土)
13:00 - 14:30

参加費:
無料

Zoomログイン情報は、お申し込み方へお知らせします。

申し込みフォーム:


Moss Ocean House ホームページ:
https://www.moss6.com/ 

Moss Ocean House  Facebookページ:
https://www.facebook.com/moss.ocean.house 

f:id:yoshiki_imaginations:20210423132347j:plain

f:id:yoshiki_imaginations:20210423132412j:plain

f:id:yoshiki_imaginations:20210423132455j:plain

f:id:yoshiki_imaginations:20210423132518j:plain

f:id:yoshiki_imaginations:20210423132544j:plain

Shivamファミリー 自宅焼失支援プロジェクト ご報告


みなさんからのあたたかいご支援、4月8日付けでオーストラリアのファミリーへ送金できました。以下、報告させていただきます。

支援者数:204名
支援金額:¥1,188,649


みなさんからの愛、ご協力に感謝でいっぱいです。本当にありがとうございました! 

今後も現地と連絡を取りながら、必要なサポートを継続していきたいと考えています。

ここまでの経過はFacebookのタイムラインをご覧下さい。



10

11

12

f:id:yoshiki_imaginations:20210423090507j:plain

at Byron Bay 2019