読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UTAU-BLOG 3

by YOSHIKI HORITA from iMAGINATIONS

探すのをやめた時 見つかる事もよくある話で


井上陽水さんの『夢の中へ』はつくづく名曲である。


探しものは何ですか?
見つけにくいものですか?
カバンの中も つくえの中も
探したけれど見つからないのに

まだまだ探す気ですか?
それより僕と踊りませんか?
夢の中へ 夢の中へ
行ってみたいと思いませんか?


軽快にたたみかけてくる問いかけの連続が胸をノックする。

そしてサビでは、

ウフッフー、ウフッフー、アーアー

しかも高音で。

ブルース・リーならこう言うだろう。

「考えるな。感じろ。」

それでも、まだ踊ることをためらう人に向かって二番はこう続く。


休む事も許されず
笑う事は止められて
はいつくばって はいつくばって
いったい何を探しているのか

探すのをやめた時
見つかる事もよくある話で
踊りましょう 夢の中へ
行ってみたいと思いませんか?


・・・踊ってみようかな。

ためらっていた人の多くも、そう思うに違いない。


踊るとは、肉体的な意味はもちろんのこと、心が踊るなにか、という解釈もできる。夢の中、つまりは夢中ということだ。

夢中でいる間は、探しものなどしなくても、必要なものが自然と見えていくように思う。“探すのをやめた時、見つかる事もよくある話で”は、僕がこの曲の中で二番目に好きな歌詞だ(一番はウフッフー)。

 “夢の中へ行ってみたいと思いませんか?” と問いかけられて、自分はそれにどう応えるのか。曲が終わった後に、それであなたどうするの? というのが、実はこの曲の最大の問いかけなのだと感じている。発表されてから40年以上、今も人の心を打つ理由は、これが終わらない問いだからなのかもしれない。


* ちなみに、陽水さんが遭遇したある場面について書かれた曲だという都市伝説も存在するが、ここでは触れない。様々なイマジネーションを刺激するのも、名曲たる所以なのだろう。



f:id:yoshiki_imaginations:20160907144726j:plain
GOLDEN BEST/井上陽水





さて、この夏の写真を今日から少しずつ。7月は新潟、大好きな関川村からスタートでした。

f:id:yoshiki_imaginations:20160907144940j:plain

f:id:yoshiki_imaginations:20160907145200j:plain

f:id:yoshiki_imaginations:20160907145248j:plain

f:id:yoshiki_imaginations:20160907150220j:plain


9月 イベントスケジュール:

9月17日(土)東京 新橋 ATOM CS TOWER

満月の音瞑想 with 石井タカシ(シンギングボウル)

9月18日(日)〜20日(火)長野 戸隠
聖地 戸隠リトリート

9月22日(木・祭日)東京 新橋 銀の鈴
第十回『初歩からのボーカルトレーニング特別体験講座』

9月23日(金)名古屋
秋のキルタン in 名古屋

9月24日(土)名古屋 KORG EXTREME
特別プライベートレッスン
* 残りあと3枠

9月25日(日)東京 Morning Lights Voice Therapy
第六回『キルタンのリードをしてみよう!』
* 残りあと1枠

10月8日(土)〜9日(日)静岡 島田市 山の家
静岡リトリート

10月14日(金)〜16日(日)山形 鶴岡
『献心〜山伏との龍神巡り』with 星野文紘, サトケン

お問い合わせ、プライベートレッスンのご相談はこちらから。
http://www.morning-lights.net/